【省エネ対策に最適】井戸工事の相場価格を知っておこう

さく井工事業者に依頼

井戸

さく井工事業者に依頼することで、井戸工事を行うことができます。業者に依頼後は、工事を行う場所の地質に合ったさく井機械と工法で、目的の深さまで掘削します。掘削後は、電気検層などの作業を行って井戸を仕上げ、揚水試験や水質検査を実施して完了です。

地下水の有効活用

メンズ

井戸工事を業者に依頼する際のポイントは、事前調査で地盤を調べるかどうかです。そこをしっかり行う業者に依頼し、飲料水の確保や空調設備の省エネルギー化、トイレに流す水の節約などを行いましょう。運用の幅は多いので、建物にとって大きなメリットを手に入れることが出来ます。

工事内容とその費用

ヘルメット

井戸を設ける人が増加

井戸は最近ではめっきり見かけなくなりましたが、井戸工事をして井戸を設ける人がひそかに増加しています。井戸があった方が水道水を節約することができて、結果的に省エネ対策になるということがその背景にあります。井戸工事の方法は基本的には掘削会社に依頼するのが原則です。この掘削会社はまず水脈調査をします。水脈がありそうな場所をにボーリング作業をやっていきます。これはドリルで地中を深く掘っていくことで井戸工事には必須の作業です。ボーリング作業で水脈があることを確認すると、次にはパイプを入れます。これで井戸工事は完了です。井戸工事をしたばかりだと泥水しか出てきませんが、だんだん土を含まない水が出てくるようになります。完全にきれいな水が出てきたらもう土や砂が混じることはありません。ただし、飲料水としてはまだ飲めません。きちんと専門業者に水質調査を依頼して環境基準以内なのかどうかを調べてもらいましょう。その結果、問題ないようであれば飲料水として飲めます。井戸工事の作業費用としては50万円から80万円というのが相場価格になっています。これをボーリングそを見つけて内訳としてはボーリング作業が20万円から40万円、パイプを用いた水中ポンプ工事が30万円から40万円です。ちなみに、確実に井戸を設けるには事前に水量を含む水質検査をすることをおすすめします。それというのも、水脈を発見しても水量が少ない場合があるからです。事前に水量が十分か確認しましょう。

庭に井戸を掘る

井戸

庭に井戸を掘りたいと思っても井戸工事は比較的高価なため、実際に井戸を掘る人は少なかったです。しかし、近年安価で高性能の掘削設備が出来たため、井戸工事の費用も下がっています。業者も段々と増えていますよ。